司法書士試験合格を目指すブログ

司法書士試験受験のための予備校が無い街から、司法書士試験合格を目指す受験生のブログです。 司法書士試験の情報をネットで収集し、共有できればと思っています。
司法書士試験の情報を検索
 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--| スポンサー広告
 勉強方法
勉強方法について記事にして欲しいとのコメントがあったのですが、合格者でない者が勉強方法を熱く語っても説得力が無いので少しだけ。
勉強方法の続き
スポンサーサイト
2006/07/13 22:59| 独学
 独学で勉強範囲を絞る
独学で勉強範囲を絞るのって本当に難しいですよね。
2006/05/15 13:40| 独学
 会社法独学ツール
私は現在、独学(定義は予備校(司法書士試験)の講義にお金を払わない)で会社法を勉強しています。参考になるかはともかく、私が利用している独学でも買える教材の一覧です。

ビバ独学(笑)!
2005/12/29 06:42| 独学
 時間の使い方
予備校に行くことが「お金で時間を買う事」だとすると、独学の定義は「時間を予備校から(出来る限り)買わないで勉強すること」でしょうか?現実的に予備校の教科書を使わずに合格するのはかなり困難だと思いますので…

2005/12/05 00:10| 独学
 新・新会社法勉強法
いつも拝見させていただいてるブログにて、紹介したい記事を発見しました^^

ビジネス法務の部屋 セレブな会社法学習法

やっと最近、継続的に続けることが「楽しみ」になってきた会社法学習法をみつけました。



どんな勉強法かというと、六法を複数並べて会社法の参照条文を比較するという勉強方法なのですが、比較するのは新旧条文だけだと思っていたので、目から鱗です。

こういった学習を続けているうちに、ふと思ったのが「会社法の条文のなかに、強調記号のようなものが記載されていたら、どんなに理解が早いだろうか。。。」



これは条文に空欄を空けてどこが重要なのかを確認しながら勉強をするという手法とおなじですよね(^^)

なお他にもお勧めの六法についても書かれてありました。詳細な内容はもちろんリンクを参照ということで・・・

これからも予備校を使わない独学で出来る新会社法の勉強法をもっと収集したいと思っております。
2005/11/26 07:05| 独学
 今日から独学で司法書士試験の合格を目指すとして
昨年の今頃の私は独学で司法書士試験の合格を本気で目指していました。
現時点では答練(予備校)を積極的に利用しようと考えているので、独学を放棄しましたが、もし今日の私が一年前の私にアドバイスを送ることを想定すると・・・

1 民法の過去問の正解率を出来るだけ早く(年内に)8割5分まで持ち上げること。
2 マイナー科目は過去問だけでは不安なので、積極的に条文や規則を読むこと。(独学に拘らないのであれば、答練をお勧めします。)
3 法改正のある科目はとりあえず捨てておいて、それ以外の科目を早く完成させておくこと。

の三つでしょうか。
2005/11/04 03:40| 独学
司法書士試験ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。