司法書士試験合格を目指すブログ

司法書士試験受験のための予備校が無い街から、司法書士試験合格を目指す受験生のブログです。 司法書士試験の情報をネットで収集し、共有できればと思っています。
司法書士試験の情報を検索
 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--| スポンサー広告
 種類株式の備忘録
会社法であそぼ。 107条と108条

2種類の株式を発行する種類株式発行会社が、片方の種類の株式を償却した上で、その種類の株式に関する定めを廃止した場合(日本語が難しいのですが、難しさに意味があると思われます、多分)の処理についての備忘録です。

書式では種類株式が出ないことを取り合えず祈ります。こんな祈りが通じたことは無いですが…(笑)
スポンサーサイト
2006/03/29 23:48| 新会社法
 ブログ検索
ヤフーのブログ検索は結構パワフルなんですね。

「司法書士」で検索するとザクザク出てきます。
昨年の合格者のブログなども見つけて、少しだけモチベーションアップです。

しかし…ブログに長居しないようにしないと(汗)
2006/03/29 21:16| 司法書士試験的徒然
 デュープロセス 会社法・商業登記法



I塾の全国模試の申し込みもしたので、私の中で消化しなければいけない課題はだいたい出揃った感じだと思います。
あと欲しいものは商業登記法の申請例でしょうか?その前に貯まっている課題を早く終わらせないと…
2006/03/28 16:14| 司法書士試験的徒然
 遺失物法も改正?(閣議決定)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060307-00000038-kyodo-soci

デュープロセス(Ⅱ)では遺失物法のことにも触れていますが、試験に影響が少しはあるのでしょうか?

閣議決定の段階なので今年は関係ないとは思いますが…(^^;




http://www.moj.go.jp/MINJI/minji46.html

登録免許税は本則に戻るのは確定のようですね。なお「土地の売買と信託」は例外扱いで軽減税率のままのようです。
 過去問収集完了


商業登記法の合格ゾーンも発売されました。
司法書士試験の過去問はこれで全部揃ったので、急いで欲しい教科書はデュープロセスだけです。
4月に入ってから地方の予備校に届くみたいなので(未確認)、来週の模試を受けた後にでも訊いてみたいと思っています。
2006/03/25 13:37| 司法書士試験的徒然
 まいなーがあまいなー。
今日は最後のステップに向けて供託法と民事訴訟法の勉強。

民事訴訟法(とその仲間達)は昨年の試験後から強化することが私の中では課題になっていて、どうやって効率良く強化するかはずっと抱えているテーマです。
2006/03/23 21:08| 司法書士試験的徒然
 登記オリンピック⑤

問題はこちらに登記オリンピック⑤



私の解答は続き以降です。
2006/03/22 15:42| 不動産登記法
 ステップコースも終わりが近づいて
久しぶりに著しくモチベーションが下がっていたのですが、やっとモチベーションが元に戻ってきて、なんとなくホップコースの復習中です。

民事訴訟法の講義とステップコース第5回の解説講義



もうすぐ模試なんですよね。Lの答練を受けている人でもこの模試を受ける人は少なくないでしょうから、負けないようにがんばらないと・・・



その一方で、今後の受講予定も検討しておかないといけないですね。
 ステップコース第4回
問題が無いと意味が分からない記事ですが。

なおレジュメは私的司法書士試験研究所の資料管理部よりダウンロードできます。 レジュメの解答は耳呈さんの記事が便利です。
 美味しいところ
昨日(今日?)は夜ステーキを食べに行ったのですが、帰ってきたらデザートが用意されていました。あっさりしたデザートでは無いので、今日に持ち越しました。腐らないものなのでその点は安心です。


朝起きてケーキ屋さんについでに寄ったのですが、国民的イベントが行われていることを思い出しました。忘れている方はお気をつけ下さい(笑)
 模試の比較
模試が始まっている予備校もありますが、私(が通っている予備校)は4月1日からのようです。

複数の予備校の模試を受ける予定ではいます。
受験生の模試に対する評価ってどうなのだろう?と少し興味を持っていたのですが、良い記事を発見しました。相変わらず記事引用の他力本願ですが・・・(笑)

★25歳、乙女(?)の生き様★各予備校、模試比較です。
 持分会社の他の持分会社への種類の変更
これは「組織変更」ではなく、「定款の変更」なので債権者保護手続きは要らないんですよね。

今頃になって問題を外した理由が分かったような気がしました(^^;
2006/03/12 14:53| 新会社法
 特例有限会社について【ガイダンス資料】
某ソーシャルネットワークで足跡を残していたら、「特例有限会社が云々」という日記を見つけたので、一応ここで改めてご紹介です。

なおレジュメは私的司法書士試験研究所資料管理部でダウンロードできます。
 12ヶ月コース
司法書士試験の12ヶ月コースは4月頃から開始されるんですね。
きりが良いところから受講したいと思っている方もいらっしゃるかもしれません。

ちなみに私が答練を受けている予備校だと費用がおよそ50万円(テキスト別)のようです。
 いよいよ教科書が揃う?
二日連続で引用の記事ですが…

街の法律家めざして 直前チェック刑法・供託法 第4版 によると


そうそう、購買部の本棚に「『デュープロセス会社法・商法・商業登記法』3月17日入荷!」とありました。



とのことです。

いよいよデュープロセスは全てが揃いますね。
2006/03/08 00:09| 司法書士試験的徒然
 創立総会における変態設立事項の追加
会社法であそぼ。 創立総会における変態設立事項の追加より

ロンリープラネットさんから次のような質問が来ました。
「会社法96条『第30条第2項の規定にかかわらず、創立総会においては、その決議によって、定款の変更をすることができる。』と書かれているのですが、これは新たに変態設立事項を加えたり拡張的変更も為しうると考えてよろしいのでしょうか?最判昭41・12・23は死んだと解して宜しいでしょうか?」

指摘された最判は、創立総会では、変態設立事項を削る方向にしか変更することができないというもので、この最判が「死んだ」かどうかは解釈論で説が分かれるところでしょうが、私は、「死んだ」と思っています。



自分のための備忘録です(笑)
2006/03/07 17:11| 新会社法
 第4回ももうすぐ
一週間は本当に早いです。

今週は午後問を勉強する週です。司法書士法は今週のうちに一度片付けようかと思っています(^^;

2006/03/06 01:53| 司法書士試験的徒然
 登記オリンピック②
私的司法書士試験研究所 登記オリンピック②の私の回答です。
第一回は遠くから眺めていただけ(元本確定の権利者と義務者に拘って解答が出るまで悩んでいました(笑))なので、初参加です。

問題を見るまで他人の答案なんて見たくない方はまたのご来店をお待ちしておりますm(_ _)m
 試験後にやりたいこと
試験後にやりたいことがあります。

(もちろんFFをやったるとか、森博嗣の小説を読むとかもやりたいことですが・・・)
2006/03/04 02:16| 司法書士試験的徒然
 気がつくと・・・

もう3月なんですよね。あと120日程度でしょうか?

そろそろスケジュールを立てるにあたって大きなミスが許されなくなってきました。

2006/03/03 01:46| 司法書士試験的徒然
 民法の再読込
深い理由(答練の民法の点が伸びない)があって民法の教科書の読込を開始しました。答練を一つしか受けていないので、新しい事をしようと思ったらすぐに実行できます。
2006/03/01 20:28| 司法書士試験的徒然
司法書士試験ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。