司法書士試験合格を目指すブログ

司法書士試験受験のための予備校が無い街から、司法書士試験合格を目指す受験生のブログです。 司法書士試験の情報をネットで収集し、共有できればと思っています。
司法書士試験の情報を検索
 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--| スポンサー広告
 ホップコース第一回(復習の前半)
まだ受けていない方は、一応取扱注意で。問題が無いとほとんど意味が分からないと思いますが・・・

憲法と刑法と商法の復習と備忘録です。

第3問 5を正解として誤り。小泉首相の後継候補として竹中さんの名前が挙がっている時点で、参議院議員も総理大臣になれることに気づかなければいけませんでした(^^;

第27問 根本的に、観念的競合と牽連犯、併合罪の知識を忘れているようです。こちらは細かく復習が必要です。

第31問 イを正しいと思って不正解。公開会社は、株主総会の日の二週間前までに、株主に対してその通知をしなければならない。「公開会社でない取締役設置会社」と「取締役設置会社で無い会社」との差異も再確認が必要。「取締役設置会社で無い会社」は電話で招集も可能。

第34問 消去法でなんとか正解。株式会社が株主との合意により当該株式会社の株式を有償で取得する場合には、株主総会の決議により、一定の事項を定めなければならないが、定時株主総会でなくても良い。改正点なのでしっかり憶えるべき。

商法は合格ゾーンが手に入ったら答練の問題と過去問との比較もしないといけないですね。
コメント
ホップコース第一回(復習の前半)へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://shihousyoshi.blog34.fc2.com/tb.php/108-67641db3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ホップコース第一回(復習の前半)へのトラックバック
司法書士試験ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。