司法書士試験合格を目指すブログ

司法書士試験受験のための予備校が無い街から、司法書士試験合格を目指す受験生のブログです。 司法書士試験の情報をネットで収集し、共有できればと思っています。
司法書士試験の情報を検索
 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--| スポンサー広告
 一週間後の解説講義のメリット
私は答練の解説講義も取っているのですが、生講義では無いので一週間後に東京本校の講義を見ることになります。

答練は問題数の確保のために受講しようと考えていたので、講義の方はいらないのではないかとも思いましたが、大事なポイントは分かりやすくかつ詳しく解説してくれるかもしれないと思ったので一応取りました。



初めは答連を受けて一週間後に講義ということで、「何で直ぐに講義を受けられないんだ!」と少し不満に思っていましたが、一週間後の講義だと徹底した(?)復習の後に解説講義を見ることになるので、余裕を持って講義を見ることが出来るようです。

あくまで復習が十分に出来ていればの話なのですが(;;)
コメント
一週間後の解説講義のメリットへのコメント
1週間後ってのは悪くないですよ。
やっぱり直後ってのは厳しいです。
休憩時間にできるだけ目を通したり
講義中にも解説冊子に目を通しながらだと
なかなか講義から吸収できないですね。
2006/01/22(日) 23:28:57 | URL | KAWA #-[ 編集]
私は、答練後すぐに解説講義が始まると、
聴くのが精一杯で、自分はどこを間違えたのか分からなくなります…間違いが多すぎて(^^;)最近は、終わったら自分で復習して、あとで、解説テープを必要なところだけ聴くようにしています。
2006/01/22(日) 23:38:44 | URL | まっつ #-[ 編集]
 受講生の方の考え方を知れて興味深かったです。
 僕は,受講直後に解説を聴くことにより,講師の思考過程と答練中のご自身の思考過程を比べていただきたいと思ってます。特に記述式です。
 まあ,講師によっては,解説冊子を読むだけで,自分の点数とか思考過程とかを明らかにしない人もいるので,一概には言えませんが(笑)
 もし僕が1週間後に解説を聴く立場だったとしたら,自分なりに復習をして,解説講義で講師が話すことを予想してみます。自分なりの解説講義を組み立てておくわけです。
 そう思うと,僕も他の人がやっている解説講義が見たくなったので,今度京都校でお願いしてみます。まずは,○○先生から…。
2006/01/23(月) 00:45:44 | URL | 姫野 #sO68KWWw[ 編集]
やっぱり試験後いきなり講義だときついんですね。コメントが付いてびっくりでした^^
2006/01/23(月) 01:35:24 | URL | ふみ #-[ 編集]
なんか姫野先生の解説講義は凄く良さそうな。。。(笑
「講師の思考過程と答練中のご自身の思考過程」
正にこれが知りたいんですが、そんな話はしてくれないし。
ほとんど派生論点について解説するだけで問題の解き方の解説にはなってなくて不満なんです。
書式解説は一切ないしなあ。
2006/01/23(月) 11:18:38 | URL | KAWA #-[ 編集]
「この肢の正誤の判断にははこの知識が必要です」
「出題者はこの肢でこう引っ掛かけようとしています」
「この推論ではこの肢はこう切れるので、この組み合わせでいけます、この肢はこういう意味ですがこれが分からなくても解けるはず」
というようなカンジの解説が一番欲しいんですよね。。。
2006/01/23(月) 11:22:20 | URL | KAWA #-[ 編集]
組み合わせ問題では、組み合わせ次第で二つの肢の正誤が確定するとその時点で問題の答えが出ますからね(笑)
たまに「何でこの問題の正答率はこんなに高いの?」と質問したくなるのですが、思考過程が分かるとその点も解消されますよね。

答練の書式解説は結構いい感じです。「書き方」の基礎を一度教えてもらえると安心して書けますから・・・

ただレックと比べると書式問題は簡単そうに思えるので、「こんなの解けるか!」とクレームを付けたくなるような問題もたまに解きたくなります。
その点はWINの問題で今のところ十分ですが・・・(笑)
2006/01/23(月) 12:09:39 | URL | ふみ #-[ 編集]
ステップからの受講を考えてます。
私も,本校での日曜受講が無理そうなので,ビデオ講義になってしまいます。。。
解説講義は良いですか?3時間あるので,解説なしにしようかとも考えていますi-181解説講義の内容が有意義であるならば,解説ありにして,有効活用しようかとも思ってますi-220
2006/01/23(月) 16:04:56 | URL | enimok #-[ 編集]
enimokさん、ボクも「解説なし」です。
お金がないだけですが、特に不自由はしていません。京都校であれば「解説あり」を選んだでしょうが…

KAWAさんの言う「講師の思考過程」について興味があります。姫野先生ならどう解くのか知りたいです。ただ自分が六法を答えを導き出すのと違いがあるのか疑問です。
2006/01/23(月) 19:18:38 | URL | とびまる #-[ 編集]
>enimokさん
費用対効果の問題もあるので難しいですね。私は記事の方にも書きましたが、もともと「講義はいらないかも?」と考えていたので、解説講義に大きな期待はしていないんです。
なので一回の講義で一つだけでも分からない部分をクリアーにしてくれる解説があれば、取って良かったと思えています。

あと解説講義のメリットは、きちんと復習をすれば、問題を解いたときも含めると、最低三回は問題を1週間の間に確認できることでしょうか?

ちなみに東京本校の先生は配布されるレジュメ作成の責任者らしいので、レジュメの中に「解説講義をする先生の考え」は十分反映されていると思います。

他にも解説講義を取っていられる方がいらっしゃると良いのですが・・・私には他の講義と比較してお勧めする事は出来ないので。
2006/01/23(月) 22:19:58 | URL | ふみ #-[ 編集]
 おいでやす,京都へ(笑)
 一度,思考過程だけを説明する講義をしたんです,確か平静17年度のジャンプコース第7回。
 「この問題は,これが過去問で出ているので軸として,次はこの肢で前に解説講義で説明したし…。」ってのを択一式35問+記述式。
 リアクション悪かったですよ~(笑)
 とても重要な話だと思うのですが,論点の解説でない分,盛り上がりに欠けてしまいます。
 公開模試は解説講義がないので,ブログ講座【模試第1回の思考過程】なんてやるのもいいかもしれませんね。
 でもライブの講義でさえ盛り上がらないのですから,ブログ講座となると…。
2006/01/24(火) 00:05:03 | URL | 姫野 #-[ 編集]
そこまで特化させると上級者だけでないと厳しいでしょうね(笑)
初級者ならどこで過去に勉強したかの確認よりも、論点の説明の方が役に立つでしょうし・・・

本試験後に検証という形で思考過程の公開をすればうけるんじゃないでしょうか・・・

って既にやってましたよね(笑)
2006/01/24(火) 00:39:03 | URL | ふみ #-[ 編集]
姫野先生

ボクの推測ですが、論点の解説ではないからという理由だけではないような気がします。
これからの時期に記事のネタがなくて困るようなことはないと思いますが、機会を見つけて1問だけでもUPされると良いかと思います。
ただ、ボクにとっては無料でいただけるあのレジュメは本当にありがたいです。
2006/01/24(火) 01:11:26 | URL | とびまる #-[ 編集]
>とびまるさん,ふみさん
ありがとうございます。さんこうにさせていただきます。解説講義を受ける場合には,3時間という時間を無駄にしないように,復習をしてから受けるようにします。
あとは,自分の予定を再度検討して,その時間を割くことが可能かが問題です。

>姫野先生
思考過程の解説をブログでやるのはいいですね。全問題についてやる必要はないと思いますが,正答率が5割程度になると思われる問題を選んで行うというのはいかがでしょうか。

2006/01/24(火) 09:59:05 | URL | enimok #-[ 編集]
 なんとなく,資料管理部長ふみさんのブログなのに私的に使用している気がしますが…(笑)

>とびまるさんへ。
>論点の解説ではないからという理由だけではないような気がします。

 えっ!違うのですか?僕には原因が分かりません…。

>enimokさんへ。

 思考過程をやると,それが終わった後に,「それで…?」的な雰囲気がぷんぷんするんですよ…。
 でもやってみます。チャレンジです。
2006/01/24(火) 14:10:20 | URL | 姫野 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://shihousyoshi.blog34.fc2.com/tb.php/118-fede7646
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
一週間後の解説講義のメリットへのトラックバック
司法書士試験ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。