司法書士試験合格を目指すブログ

司法書士試験受験のための予備校が無い街から、司法書士試験合格を目指す受験生のブログです。 司法書士試験の情報をネットで収集し、共有できればと思っています。
司法書士試験の情報を検索
 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--| スポンサー広告
 ホップコース第3回(懺悔の後半)
一応取り扱い注意で・・・問題が無いと意味が分からないですが。

私的司法書士試験研究所 資料管理部では、所長作成の解説レジュメが配布されています。

なおレジュメの問題の答えは耳呈伝 ver.2 早稲田合格答練解説講義レジュメのコメント欄にあります。


復習というより懺悔ですよね。復習のレベルにはなっていません。
記事のタイトルを変更です(^^;


第4問 共有の個数問題。共有の勉強は完全に手薄でした。条文とデュープロセスで復習です。
共有関連の部分を改めて読んでみると、判例もたくさん出てるんですね。保存と管理の問題は過去問でなれていますが、共有物の分割の論点はほとんど意識したことが無かったのでこの時点で勉強できてラッキーと考えます。
しかしデュープロセスにア、イの答えは明確に記載されていますが、根拠(判例?)がどこにあるのかよく分からなかったです。
ア、イ 共有物に対して権利を有する者(抵当権者など)は分割に参加できるが、共有者には権利を有するものへの通知義務は無く、参加させずに分割を行ったとしてもその分割は有効。

第6問 ウ 地上権者と設定者との間で修繕義務を課す特約の設定は可能だが、特約を登記することは出来ない。
エ 消滅請求の条文レベルの問題なので確認しておく。

第8問 2 日用品供給に関する逆パターンは昨年の試験問題。
4 条文レベルの問題なので確認。
先取特権は苦手なので、本試験に出ないことをお祈りしておきます(^^;

第9問 イ 317条と318条を確認。これも条文の問題でした。

第12問 エ 最判昭44.7.4。分からなかったのはこれ。なんとなく重要そうな判例。
レジュメの問題は相手方の協力が得られるなら錯誤による更正で処置する事は出来ないのかな~と考えたのですがどうなのでしょうか?

第14問 ア 抵当権設定者による担保損傷による抵当権者の抵当権実行は、抵当権設定者の故意過失は問題とならない。
ウの書式はこれで良いのかな?と思いつつ作成。代位の必要が無いことを憶える。
登記の目的 〇番抵当権抹消
原因    年月日弁済
権利者 後順位抵当権者
義務者 抵当権者
添付書類 〇番抵当権の設定時に交付された登記識別情報
登記原因証明情報
後順位抵当権者と抵当権者の委任状

第16問 代価弁済の要件として、「抵当権者の求めに応じて」という部分をチェック。
明確に条文の認識不足なので間違って良かった。



先取特権と譲渡担保は何度勉強しても覚えられないという状況なので良くないです。もう一度デュープロセスを読み直して、間違った問題は当然過去問で再確認。

不登法の合格ゾーンも買いなおしたので4回目に向けしっかりと予習をしないと・・・
商登法の得点を現時点では完全に捨てているので、他の科目はしっかりと点を稼げるようにしたいです。



おまけ
耳呈さんの「辻…?、加護…?」に爆笑してしまいました。残念ながら私にはどっちがどっちだか分からないので。
年を取ったな~という感じです(^^;
コメント
ホップコース第3回(懺悔の後半)へのコメント
トラックバックありがとうございます。

第12問エのレジュメ問題は、僕も最初に単なる錯誤による更正を考えました。
ただ、債権額が増加する更正というのが,どうにも気持ち悪く(附従性を意識すると)、利息の特別登記という手段に落ち着きました。
これは僕のリーガルセンスの問題であって、先例等があるかどうかは不明です。
登記経済(民訴上の『訴訟経済』に対応する造語)にも特別登記の方が合致するように思うのですが。
2006/01/25(水) 00:36:30 | URL | 耳呈 #.Ld25WNY[ 編集]
債権額の増額の変更はあきらかに出来ないと思いますが、更正は可だと理解しているので、私は真っ先に更正を考えてそこで思考停止してしまいました(^^;
更正で出来るときは更正でやりたいなと思うのは、利息の特別登記の申請例を書く自信が足りないからですので、深く考えてはいないです。
2006/01/25(水) 01:21:49 | URL | ふみ #-[ 編集]
第20問 譲渡担保権は設定契約(合意)により成立し、引渡しは要しない。引渡しは対抗要件であり、占有改定で足りる。

民法の問題は特に懐疑心を持ってよく読まないと・・・
2006/02/25(土) 19:02:56 | URL | ふみ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://shihousyoshi.blog34.fc2.com/tb.php/127-7ed8e0d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ホップコース第3回(懺悔の後半)へのトラックバック
司法書士試験ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。