司法書士試験合格を目指すブログ

司法書士試験受験のための予備校が無い街から、司法書士試験合格を目指す受験生のブログです。 司法書士試験の情報をネットで収集し、共有できればと思っています。
司法書士試験の情報を検索
 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--| スポンサー広告
 株式分割と株式無償割当
なんとなく商法の弱さをそのままにしておきたくない気分になったので、相澤氏の「一問一答 新・会社法」を買ってしまった。当面は民法と不登法を中心にやる方針は維持するので、勉強をする気分にならないときに眺めることにする。

この本が発売されたのは結構前になるけれども、発売された当時はなんとなく読みづらそうな気がして敬遠していた。しかし実際に読んでみると、それほど苦もなく読める気がする。初めに買った会社法の本がぬる過ぎた気がするので、現時点では丁度良い。

読んでいて最初に気になったのは、「株式分割」と「株式の無償割当」の相違。
例えば、A株とB株を発行している甲会社において、株式分割をする場合にはA株主にはA株しか交付できない(株式計数の変動の効果しかない)。一方、株式の無償割当の場合にはA株主にB株を交付することもできる。

なお株式分割の場合には株主総会の決議無しに会社が発行する株式の総数を変更できるが、無償交付の場合には条文上は株主総会の決議無しには「会社が発行する株式の総数の変更」の処理は認められなさそう。

もう大きな分割バブルはないだろうけど、無償割当でバブらせるのは株式分割よりハードルが高いって事かな。
2005/11/03 10:30| 新会社法
コメント
株式分割と株式無償割当へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://shihousyoshi.blog34.fc2.com/tb.php/13-8c62d3ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
株式分割と株式無償割当へのトラックバック
司法書士試験ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。