司法書士試験合格を目指すブログ

司法書士試験受験のための予備校が無い街から、司法書士試験合格を目指す受験生のブログです。 司法書士試験の情報をネットで収集し、共有できればと思っています。
司法書士試験の情報を検索
 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--| スポンサー広告
 代表訴訟
現行商法では株主代表訴訟を提起できるのは株主だけである。よって株式を売却してしまうとその時点で原告適格を失うはずである、多分。
これと同じように株式交換により、株式を交換されてしまうと原告適格を失う。確か、某銀行の株主代表訴訟は株式交換により原告適格がないとされて却下されたことがあったと思う。

新会社法では、株式交換後でも親会社の株式を対価とした場合には訴訟を継続できることによって問題が解消されている。
なお金銭を対価とする場合や他の会社の株では継続できない。これは真摯な訴訟態度が期待できないことが理由とされるらしい。
2005/11/03 10:33| 新会社法
コメント
代表訴訟へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://shihousyoshi.blog34.fc2.com/tb.php/14-0007c380
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
代表訴訟へのトラックバック
司法書士試験ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。