司法書士試験合格を目指すブログ

司法書士試験受験のための予備校が無い街から、司法書士試験合格を目指す受験生のブログです。 司法書士試験の情報をネットで収集し、共有できればと思っています。
司法書士試験の情報を検索
 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--| スポンサー広告
 まとめてアップ
もう既にご存知とは思いますが、私的司法書士試験研究所資料管理部にレジュメがまとめてアップされました。



条文問題集(組織再編の部分)を密かに希望していた私は大感謝です。ブログ講座のレジュメよりも条文問題集がアップされることを希望する私はおそらく少数派ですね。

なおどのくらい条文問題集が活躍しているかは敢えて書きません(笑)

とは言うもののまだ以前にもらったものが完全に終わっていないという状況。当社比25%以上アップで問題集を侵攻しています。これも締め切り効果の一種でしょうか?


「消滅会社等の新株予約権の取扱い」は一枚のレジュメですが自分で比較するとなると大変なので非常にありがたいです。




私的解放テクニック講座も受講完了です。
私にとってのポイントは軸となる肢で100%の正答率を確保できるかですね。ここが揺らぐとテクニックも何も意味がないので…
後は残り2肢にしてからの粘り強さも欲しいです。
ちなみに回避のテクニックは既にマスター級です。5肢全部だって回避できますorz


最近は択一のマークが終わった後に、何問できているかを予想しています。予想と実績との間の数字の乖離が小さくなると、自分の知識に安定感があることの証明になると思うのですが、まだまだ甘いです。

全てが甘いです。
コメント
まとめてアップへのコメント
 こんばんは☆

 メールの返信は起きてからか,京都から帰ってからしますね。

 テープ届いたのですね。いかがでした?

所長の声を管理部長が初めて聴くというのは,すごい不思議な気がしますし,声を聴かなくても研究所を運営できることに感動します。
 
 顔が見れないデメリットとか,メリットとか,そういうくだらないことを言う前に,人間はどのような手段でもコミュニケーションを取れる動物であることに,ひたすら感謝です。

 『回避』は逃げることではなく,より効率的に正解を導くための武器ですね。
2006/02/28(火) 01:40:13 | URL | 姫野 #-[ 編集]
無事に届いております。ありがとうございましたm(_ _)m

テクニック的には既に実行していることが多かったです。
第12問では講座と同様にアを回避(誤?と問題冊子に記入してました)して他の肢を検討していたり、第30問では決議要件が同じとわかるものを利用して少しでも肢を減らそうとしていたりはしています(が、こちらは外しています(^^;)。
もちろん第20問の力技は私にはまだ無理ですが(^^;

ですので、私の問題点は第16問でオを軸とした後に、エが分からなくて外すorzような知識のなさが30点に遠い原因だと分かりました。

私が所長のテクニックと違うところは答えを初めに検討した3肢で確定しても、全部の肢を検討してから次の問題に行くことでした。
これは「軸にした肢」の正解率に対する私の知識に対する自信の無さの表れ・・・。あるいは宝箱は全部開けてみたい心理からかもしれないです(^^;


追伸 私は毎回この講座形式で受けたいと思いました。「知らなければいけない肢」と「知っていた方が良い肢」の峻別は受験生には過去問しか指針が持てないので・・・
特に(過去問の少ない)憲法はこの方式の効果が発揮しそうに思えました。
2006/02/28(火) 02:23:23 | URL | ふみ #-[ 編集]
おまけ
『回避』はあやふやなことは分からないと認める、問題に向かう際の謙虚さでもありますね。
2006/02/28(火) 02:38:23 | URL | ふみ #-[ 編集]
 そうですね,謙虚さの表れでもあります。

 見直しのときに,全肢といえないまでも,検討していない肢を,検討した肢の判断の補強のために用いることになります。

 例えば,「この絵から間違いを探せ」といわれるよりも,「この絵には間違いがある。それを探せ」と言われる方が楽ですよね?

 これと同じことを択一式でもやるのです。

 すなわち,正しいものを探せという問題において,自分の解答がアウで1を選択した場合,見直しの際には,イエオについては,「謝っている」との予測の上で,検討することができるのです。漫然とイエオの正誤を考えるよりも,,「謝っている」との予測の上で読む方が楽です。

 なお,上記アウについては,軸+回避により導いたもので,イエオについては,回避したか,未検討の肢です。

 このコメントに書いていることは,本来講義の中で申し上げるべきことで,しかも,極めて重要なことなんです。記事にしてまとめるべきだとは思いますが,今,ふみさんのために(笑),組織再編行為の更なるレジュメを作成中なんです。
 これは,本当は作成するつもりはなかったのですが,今日京都校の受講生の方と電話している中で作る気になり,現在作成中です。もうほとんどできています。

 配信するかどうかは,ふみさんに決定していただこうと思っています。
2006/02/28(火) 03:02:07 | URL | 姫野 #-[ 編集]
>配信するかどうかは,ふみさんに決定していただこうと思っています。

責任重大ですね(笑)
2006/02/28(火) 23:04:51 | URL | ふみ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://shihousyoshi.blog34.fc2.com/tb.php/156-bf65554c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
まとめてアップへのトラックバック
司法書士試験ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。