司法書士試験合格を目指すブログ

司法書士試験受験のための予備校が無い街から、司法書士試験合格を目指す受験生のブログです。 司法書士試験の情報をネットで収集し、共有できればと思っています。
司法書士試験の情報を検索
 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--| スポンサー広告
 答練の使い方(本試験3ヶ月前編)
この時期からの答練の使い方

資料管理部から直リンクを張ってもらっている研究所の衛星サイト(金魚の糞サイトとも言います)である当ブログとしては、紹介しておかなければいけない記事ですね。

個人的なしおりのような気もしますけど…(笑)


話が変わりますが、最近ヤフーからいらしゃるお客様(?)が増えていました。更新が安定しておりませんが、これからもご愛顧のほど宜しくお願いいたしますm(_ _)m





記事のポイントだけ追ってみますと・・・

① 過去問だけで合格は無理

これは私の場合に関して言えば、まったくその通りでした。過去問ベースの知識は自分なりに積み立てて昨年の試験にトライしましたが、点数が足らなかったというのが私の感想です。

② だからこそ答練を受講する。

はい受講しています(笑)
現実問題として自分で分析すれば必ず力は付くと思うのですが、間違った方向に行って時間をロスするくらいなら、プロの分析をそのまま吸収した方が効率は良いはずです。
過去問分析でもっとも効果が高いのはきっと不登法だと思います。特に書式化は斬れる「武器」のはず。後は「使い手」の問題ですか(^^;

③ 過去問勉強と答練の問題

私が抱えている問題は「憶えたこと」がすぐに忘れていってしまう恐怖です。
答練の問題が過去問レベルである(過去問の解説に答えが載っている)ことが分かるのに解けないことが結構あるのでⅠ 過去問の知識を喚起するためには,解説・テキストの確認の作業を省略して,全体を素早く回す。 の勉強法をたくさん取りたくなってしまいます。過去問だけでは足りないことが分かっているのに過去問すらおぼつかないという恐怖(^^;
ですのでⅡ 分析するためには,まず,単元別に区切ってテキストを読み,読んだ部分に該当する過去問を演習する。 の勉強法を積極的に取れるかは、この方法を自分が完遂できるかを「信じられるか」にありそうです(^^;
弱点の部分でこの方法を活用すると間違いなく効果が高いことだけは分かる(確信できる)ので、先ずは確実に出来る部分からはじめます。




おまけ 

通達が法務省のHPにアップされているようです。
http://www.moj.go.jp/MINJI/minji108.html

「読まなくて良いんじゃないか?」との意見も小耳に挟んだりしますが、この通達は「意外と読みやすいんじゃないか?」という気もします。そんなわけでプリントアウトしようか素直に悩んでいます(^^;

そもそも「この通達で材料は揃ったの(もっと大作じゃないの)?」という疑問もあります(^^;

私には分からないので、いつものように他の受験生(ブログ)の様子見をさせていただいてから判断したいと思います。

通達以前にまだまだ商登法が火の車ですので…(汗)
コメント
答練の使い方(本試験3ヶ月前編)へのコメント
電車が止まった際は,ご親切にコメントありがとうございました。

通達に関しては一読しましたが,量が多いだけで読みやすいかと思います。
実体手続から記載しているので、新規の知識としてではなく今まで勉強してきたことの確認としての見方もできると思います。
2006/04/08(土) 23:19:10 | URL | 耳呈 #.Ld25WNY[ 編集]
コメントありがとうございます。

やっぱり読みやすいですよね、この通達。プリントアウトする量も150枚程度ですし・・・

商登法と会社法はリンクしているので、当分自重する予定の会社法にも良い影響が出ると思うのでプリントアウトしようと思います。
2006/04/08(土) 23:38:50 | URL | ふみ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://shihousyoshi.blog34.fc2.com/tb.php/184-a6991fa7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
答練の使い方(本試験3ヶ月前編)へのトラックバック
司法書士試験ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。