司法書士試験合格を目指すブログ

司法書士試験受験のための予備校が無い街から、司法書士試験合格を目指す受験生のブログです。 司法書士試験の情報をネットで収集し、共有できればと思っています。
司法書士試験の情報を検索
 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--| スポンサー広告
 予定通り
にいかないことは、普通なので進行がとろくて焦ることは無いのですが……



修正後の見積もりでいくと不登法の過去問(+答練)は予定通りには出来ない感じです(大汗)
忘れやすいマイナーを最優先し、苦手な民法を優先してこなした後には不登法の準備が甘くなる感じになりそう。全てに目を通せないのは少しだけ怖い気もしますが、苦手かつ忘れやすい部分だけは一夜漬けで補修して本試験に臨むつもりです。




最近考えていることなんですが…

商登法の書式は「設立」が出るものと決め付けていますが、もしも本当に「設立」が出た場合にはやっぱり不登法勝負になるのでしょうか?

おそらく「設立」の問題では合格者クラスの受験生の間では大きな差はつかないですよね。




8割程度理解したら次に進むような勉強の仕方をしている私は、細かい知識の穴を作ることが得意なので設立が出ると平均点の確保がなんとなく大変そうに思えてきました(汗)
私にとっては簡単過ぎる問題が出るのも危険そうです(^^;



難しい問題かつ自分が分かる問題が出ることをお祈りしています(^^;
2006/06/25 00:31| 司法書士試験的徒然
コメント
予定通りへのコメント
私は
 私は新設、分割合併や吸収分割、特例有限会社なども勉強しておかないと怖いなーという気がします。
 あくまで基本的なところだけですけどね。もし出なかったとしても択一のためにはなりますから。
私にとって不動産登記法が難しくなることのほうが怖いです。
2006/06/25(日) 11:42:12 | URL | 二宮金次郎 #epM7AnRI[ 編集]
もし「設立」が出て差がつかなくなってしまうと、不登法での勝負になりますからね(^^;

特例は特に対策して無いので怖いです。油断していたところが出るのもやっぱり怖いですね(^^;
2006/06/25(日) 12:45:35 | URL | ふみ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://shihousyoshi.blog34.fc2.com/tb.php/218-a0497dae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
予定通りへのトラックバック
司法書士試験ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。