司法書士試験合格を目指すブログ

司法書士試験受験のための予備校が無い街から、司法書士試験合格を目指す受験生のブログです。 司法書士試験の情報をネットで収集し、共有できればと思っています。
司法書士試験の情報を検索
 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--| スポンサー広告
 感触が悪いです
本試験を受けてきましたが…

午前問の民法の感触が悪すぎました。
会社法でも自信が持てない肢が多かったのでとてもまずいです。

午後問はそれなりに出来たかも?と思っていますが、民訴には全く自信が持てません(;;)

あとは択一の選択運にかけるしか無いですねorz




追記

ワセミの解答速報を見ましたが、残念ながら合格に届いているとは思えませんorz

ビールを飲んで落ち着いてきたのでもう少し反省。


午前問の1番大きな反省点は第14問で典型担保を思い出せなかったこと。非典型担保と訊かれれば判断できたと思いますが、緊張なのかど忘れなのか点を取るべき問題なのに答えられませんでした。一年目のときの緊張よりも今回の方が緊張してしまったようです。

その他、親族法でも2問落としているのが痛いです。
遺贈を行うには行為能力自体は不要なんですね?そう言えば後見人が遺贈したことを前提にしていた過去問を今頃思い出しました。
なお第8問は答えを見た今でも意味不明です。原則自体を捉えることが出来ませんでしたorz

会社法は5問しか取れずに沈没。武器にする予定でしたが、足を引っ張る科目にしてしまいました。
第32問は3と5で死ぬほど迷って失敗。まあ他の問題では運だけで当てることが出来た問題もあるので、運が全く無かったわけではないのですが……。

午後問は午前問よりも悪かったのですが、いくつか訂正されたので得点が同じになりました(^^;

まず民訴で3問落としです。第3問は仕方が無いとしても第5問は過去問でも確か出ていますよね。自信が持てなくて不正解です。

一番痛い教科は出来ていると思っていた不登法で、信じられないほどたくさん間違っていましたorz
第19問もウの共有物禁止特約で無駄な判断ミス。これは答練でも一度間違っていたのでしっかり憶えたつもりでしたが、読み違えでもしていたようです。
第14問はオで買主宛の許可証の問題と思い込む、かつウで包括遺贈では必要だと思い失敗。過去問若しくは答練で簡単にケアできるレベルのミスです。
間違えたと思っていた第12問に訂正が入って正解になりましたが、こうなってくると14と19の間違いが非常に悔しいです。
第27問等いくつかは全く太刀打ちできませんでしたが……

書式の答えも参照しましたが、新株予約権の行使では資本金の額の計算に失敗していたり、保存登記で会社持分の考慮を忘れたりと無駄なミスを連発しています。


溜息が止まない結果でした・・・。
2006/07/02 16:54| 司法書士試験的徒然
コメント
感触が悪いですへのコメント
自分もどう考えても届かないです。
ホントに悔しい…。
2006/07/02(日) 21:50:15 | URL | KAWA #ki0.Kfrk[ 編集]
おつかれさまです。
自分は1週間は何も考えないことにします。

しかし知ってはいましたがケアレスミスを全く許してくれない試験ですよね(溜息)
2006/07/02(日) 22:15:49 | URL | ふみ #-[ 編集]
午前が特に民法が難易度高かったですね。マイナー論点が2問も独立して出てきたり、こういうときはそれ以外の科目でどれだけ稼げるかもポイントのなってくると思うんですが、改正年度にしたら会社法はおととし以前とレベルが変わらなかった感がします。朝のあしきり情報が気になって仕方がないです。
2006/07/03(月) 11:31:25 | URL | アリア #-[ 編集]
そうなんですよね。
だからあれほど会社法に力を注ぐ計画を立てていたのに(;;)

訴え関係を弱点にしてしまったのと、他の取るべき問題で取れなかったこと・・・。

会社法はもう一度条文からやり直しっぽいです(;;)
2006/07/03(月) 13:55:10 | URL | ふみ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://shihousyoshi.blog34.fc2.com/tb.php/224-8c376634
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
感触が悪いですへのトラックバック
司法書士試験ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。