司法書士試験合格を目指すブログ

司法書士試験受験のための予備校が無い街から、司法書士試験合格を目指す受験生のブログです。 司法書士試験の情報をネットで収集し、共有できればと思っています。
司法書士試験の情報を検索
 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--| スポンサー広告
 仮処分による失効
処分禁止の登記に遅れる登記の抹消を申請したときは、処分禁止の登記は登記官の職権で抹消される。
→所有権移転登記(2番)がされた後に、前所有権者(1番)が2番所有権抹消登記請求権の保全のために処分禁止の仮処分をし、その後に所有権者(2番)が抵当権(1番)を設定したとすると、「処分禁止の登記の抹消」は2番所有権抹消がされたからではなく、1番抵当権抹消がされたので抹消される。

ちなみに処分禁止の登記に遅れる登記が無いときは、仮処分債権者が裁判所書記官に申し立てることにより嘱託で抹消される。



しかし「申請書の写し」は無理だったろうけど、それ以外の本試験の添付書類は試験前の装備(教科書と参考書)で対処可能だったことが自分の中で判明。

どちらにしろ採点はされなかったんだけど、対処可能だったと思うと悔しいな。この悔しさは忘れないようにしよう。
2005/11/03 11:28| 不動産登記法
コメント
仮処分による失効へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://shihousyoshi.blog34.fc2.com/tb.php/23-489379c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
仮処分による失効へのトラックバック
司法書士試験ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。