司法書士試験合格を目指すブログ

司法書士試験受験のための予備校が無い街から、司法書士試験合格を目指す受験生のブログです。 司法書士試験の情報をネットで収集し、共有できればと思っています。
司法書士試験の情報を検索
 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--| スポンサー広告
 勉強方法
勉強方法について記事にして欲しいとのコメントがあったのですが、合格者でない者が勉強方法を熱く語っても説得力が無いので少しだけ。


現在の私の勉強方法ですが、姫野先生の助言(記事)がかなり影響していますので、私的司法書士試験研究所の過去の記事(ヤフーのものも含む)を直接参照された方が間違いは無いかもしれません。


今の時期は基本的な知識をじっくり勉強できる時期だと考えているので、民法の教科書(デュープロセス)と条文(判例六法なので判例も同時に見ます)を参照した後に、過去問を一肢ずつ検討(私のは分析といえるレベルでは無いと思うので検討です(^^;)して、疑問点を見つけたらその時点で解消させています。
とりあえず10~12月まではメインの4科目を同じように出来るだけ時間をかけて慎重にインプットする予定です。
ポイントになる部分は教科書にアンダーラインを引いたりもしますが、重要な部分だけが目立つように出来るだけ引かないようにもしています。


来年受験するということですとマイナーは手付かずかもしれませんが、マイナーの民訴に関しては条文の素読が重要らしいです。これも今の時期にやった方が良いと思われます。
ただ私の勉強開始の時点のマイナー科目の勉強法ですが、条文はほとんど読みませんでした。教科書を一度通して全部読んだ後に過去問をすぐに解き始めて、正解した肢も間違えた肢も解説を読んでインプットしながら教科書を再読(確認)していました。
この方法だと比較的早く問題が解けるようになりますが、最終的には部分部分に知識の穴が出来てしまうので、その点をどう解消させるかが試験前の課題になります(条文で解消するべきだろうと判断しています)。


おまけにというか……
予備校受験生の民法の知識は正直に「凄い」と思うので、そのあたりの勉強法は私も教えて欲しいです。粘り強くやるしかないのだろうとは思いますが。
私も模試(民法)で偏差値60を安定的に取ってみたいです(^^;
2006/07/13 22:59| 独学
コメント
勉強方法へのコメント
参考になります
自分の場合は1問を解いた後に、テキストに帰るやり方なので、あまり伸びませんでした。問題を解いた後でなければ、何が問題かわからないというのが理由です。
計画の立て方についてサラッと書いてますが重要ですよね。

本試験の解答とその理由が知りたくて、今色々調べてるのですが、よくよく考えたら高得点が取れる方は大体はわかってるのですよね。本試験の事を書かないブログが多いので、そう考えるようになったのですが、悔しさも倍増します。
ふみさんのブログを見ていると、ふみさんも本試験について思うところがあるようですね。

今年も宜しくお願い致します。
2006/07/15(土) 10:45:05 | URL | とびまる #-[ 編集]
午前問は少し検討しましたが、絶対に取る事が出来なかった問題は無かった感じがします。復習をしてみると、落とした問題の肢のほとんどはこの教材(資料)をやっておけば取れたという肢ばかりです。ということは出来る人はやっぱり出来たのでしょう(^^;
午後問は検討が甘いので偉そうなことは言えませんが・・・(^^;

本試験でどんな問題が出ても知識で押し切れるところまで持っていきたいのですが、昨年からずっとそんなことを言い続けてますね(^^;
たくさんある知識の穴をどうやって塞ぐかがやっぱり一番の課題なんです。
2006/07/15(土) 13:38:54 | URL | ふみ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://shihousyoshi.blog34.fc2.com/tb.php/232-8a4eeef6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
勉強方法へのトラックバック
司法書士試験ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。