司法書士試験合格を目指すブログ

司法書士試験受験のための予備校が無い街から、司法書士試験合格を目指す受験生のブログです。 司法書士試験の情報をネットで収集し、共有できればと思っています。
司法書士試験の情報を検索
 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--| スポンサー広告
 過去問分析の方法論(民法編)
私的司法書士試験研究所の所長である姫野先生の本。

本書は、近年の過去問を具体的かつ詳細に分析し、その分析方法を示すとともに、合格するために必要となる発展的な判例等の知識を示すことを目的とするものです。


司法書士試験において過去問の重要性は様々な講師が指摘していますが、具体的な分析を行っている書籍が見当たらないことから、この本では民法の過去問の出題傾向を分析し、今後の司法書士試験で出題が予想される論点を、丁寧に分析しています。

どのくらい凄いかは、民法の推論問題の論点を2問当てたというだけで十分証明されているはずです。

19年度の試験に対応する本の正確な出版予定日は分かりません(来年の4月ぐらいかな~と想定しています)が、落ち着いてじっくり民法の勉強が出来る今の時期に購入して勉強しても損はしないと思います。

と書いていましたが、

過去問分析の方法論【民法編】【不動産登記法編】

 まず,【民法編】は売切れです。僕のお膝元(笑)の京都校にも在庫はありません。

とのことらしいです。
打ち合わせ無しで記事を書いていたので、タイムリー過ぎてびっくりしました(笑)


欲しい人にとっては「どこにまだ在庫があるのか?」が問題になるのですが……

残念ながら通信販売が出来るような場所には、まとまった数はもう無いようなので、お近くの早稲田セミナー内の書店に無かったら諦めるしか無いと思われます。
需要があれば将来供給がされるかもしれませんが、今すぐ欲しい方はお急ぎ下さい(^^;
2006/07/18 14:22| 参考書のレビュー
コメント
過去問分析の方法論(民法編)へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://shihousyoshi.blog34.fc2.com/tb.php/237-1a1665a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
過去問分析の方法論(民法編)へのトラックバック
司法書士試験ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。