司法書士試験合格を目指すブログ

司法書士試験受験のための予備校が無い街から、司法書士試験合格を目指す受験生のブログです。 司法書士試験の情報をネットで収集し、共有できればと思っています。
司法書士試験の情報を検索
 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--| スポンサー広告
 保証
次の記述のうち正しいものはいくつでしょう?

1 保証契約は、抵当権設定契約と同様に書面でしなければ効力が生じない要式契約である。

2 貸金等根保証契約は極度額を設定しなければ、その効力を生じない。

3 貸金等根保証契約において元本確定期日の定めが無い場合には、根保証契約は当然に無効になる。

4 貸金等根保証契約の締結日から5年を経過する日より後の日を元本確定期日と定めた場合には、その期日は、根保証契約締結の日から5年を経過する日とされる。

5 貸金等根保証契約において、元本確定期日の前2箇月以内に元本確定期日の変更をする場合には、変更後の確定期日が変更前の元本確定期日から5年以内の日になるときは、その変更は有効である。
答えは2と5が正しい記述なので「2つ」が正解のはずです。間違ってたらご指摘を・・・(笑)

1 抵当権設定契約は要式契約ではない。

3 保証契約自体は当然には無効とならない。元本確定期日は、根保証契約締結の日から3年を経過する日とされる。

4 元本確定期日は、根保証契約締結の日から3年を経過する日とされる。


問題を作りながら思ったのは、根保証は丁寧に読めば条文の数も多くなく、根抵当権と比較して憶えれば、憶えるポイントもそんなには多くないような気がするので、答練で問題の数をこなせばすぐに得点源になる分野のような気がしました。数がこなせるかは問題がありますが(^^;
2005/11/03 11:41| 民法
コメント
保証へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://shihousyoshi.blog34.fc2.com/tb.php/25-3de89734
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
保証へのトラックバック
司法書士試験ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。