司法書士試験合格を目指すブログ

司法書士試験受験のための予備校が無い街から、司法書士試験合格を目指す受験生のブログです。 司法書士試験の情報をネットで収集し、共有できればと思っています。
司法書士試験の情報を検索
 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--| スポンサー広告
 司法書士試験ストリーミング解説②
現在、ストリーミングで平成18年度司法書士試験の解説が午前、午後の部ともに受けることができます。

平成18年度本試験分析Part1、Part2

私的司法書士試験研究所 資料管理部では解説の際に使用されたレジュメも配布しています。
近くに予備校が無い方でも直接予備校で受けるのと同等の解説が受けられると思われます。

これから司法書士試験の勉強を開始しようという方には内容が難し過ぎると思いますが、他に本試験の解説を見ていない方にとってはこの解説は必見だと思います。


聞いていて特に気になった点は3点でした。


1 最新の供託規則の確保について

現在最新のものはこちらにあるものと思います。取りあえずこれで確保です(笑)


2 商業登記規則の知識を問う問題が出題されたこと

ぎりぎりの法(規則)改正であっても敵(法務省)は、平気で試験に取り込んできます。昨年の試験を受けた時点で学習済みのことですが・・・。


3 紺野月子の退任日について

記述式で疑問点になっていた紺野月子の退任日の新見解を解説の中で聞くことができました。

この見解は、「会社が設立された年月日」が問題文中には記載されていないので、仮に平成14年5月1日以降に設立されたものと考えると経過措置が適用されずに監査役の任期は4年になるというものです。

非常に説得力があります。私はこれでファイナルアンサーだろうと思いました。


「平成18年度司法書士過去問 詳解」にこの見解が載っているそうなので、既に年度別過去問を手に入れてしまった方は立ち読みしましょう(^^;
コメント
司法書士試験ストリーミング解説②へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://shihousyoshi.blog34.fc2.com/tb.php/255-7a6e4f25
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
司法書士試験ストリーミング解説②へのトラックバック
司法書士試験ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。