司法書士試験合格を目指すブログ

司法書士試験受験のための予備校が無い街から、司法書士試験合格を目指す受験生のブログです。 司法書士試験の情報をネットで収集し、共有できればと思っています。
司法書士試験の情報を検索
 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--| スポンサー広告
 今日から独学で司法書士試験の合格を目指すとして
昨年の今頃の私は独学で司法書士試験の合格を本気で目指していました。
現時点では答練(予備校)を積極的に利用しようと考えているので、独学を放棄しましたが、もし今日の私が一年前の私にアドバイスを送ることを想定すると・・・

1 民法の過去問の正解率を出来るだけ早く(年内に)8割5分まで持ち上げること。
2 マイナー科目は過去問だけでは不安なので、積極的に条文や規則を読むこと。(独学に拘らないのであれば、答練をお勧めします。)
3 法改正のある科目はとりあえず捨てておいて、それ以外の科目を早く完成させておくこと。

の三つでしょうか。
1 午前問の足切りラインが非常に高い現在、民法で5問外した時点でほぼ不合格になります。今まで以上に民法を苦手にする受験生の合格可能性は低くなっているはずです。
2 マイナー科目は近年難化している様な気がします。過去問で高い正解率があるからといって、本試験での出来が安定しません。
3 半年で本試験を受験することを考えると、法改正のある科目に関心(心配)を向けるよりは、確定している科目の勉強をやった方が有意義です。



なお、現時点で独学で勉強するとして必要とされる最低限の参考書は

デュープロセス(全科目)
合格ゾーン(全科目)
択一・記述ブリッジ(理論編、実戦編)
司法書士書式征服 システムノート

その他に出来ればプログレス(不動産登記法Ⅰ・Ⅱ)が欲しいような気がします。デュープロセスでは不登法の添付書類の記述が分かりづらいので・・・
もちろん法改正がある新会社法(商法)と商業登記法の教科書(デュープロセス)はおそらく試験前には改定されるはずなので、すぐに買ってはいけません(^^;
もし勉強を進めても、不動産登記法の書式がどうしようもなくできないならば、うかる! 記述式対策 不動産登記 入門編がお勧めです。

この試験は法改正(ほぼ毎年あります)のたびに教科書を買いなおさないといけない金食い虫な試験なので、教科書の改定情報をアンテナを張り巡らして見逃さないようにするのが、お金を無駄遣いしない方法だと思います。
2005/11/04 03:40| 独学
コメント
今日から独学で司法書士試験の合格を目指すとしてへのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://shihousyoshi.blog34.fc2.com/tb.php/29-dff0217e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
今日から独学で司法書士試験の合格を目指すとしてへのトラックバック
司法書士試験ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。