司法書士試験合格を目指すブログ

司法書士試験受験のための予備校が無い街から、司法書士試験合格を目指す受験生のブログです。 司法書士試験の情報をネットで収集し、共有できればと思っています。
司法書士試験の情報を検索
 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--| スポンサー広告
 W1模試の結果

ショックを受けるには十分な結果でしたorz

午前択一は最低のラインとして設定していた線を貫通しており、致命傷でした。会社法の答えを見直したおかげ(3問見直し、2問正解にしました)で即死は免れましたが、それは知識に自信が無い証拠です。一瞥でクリアーしないと……。

午後択一は防衛線を首の皮一枚で死守しましたが、やはり死守しただけです。1時間半以内に解くという目標はクリアーしましたが、正答率はかなり低いです。

記述式は注意力不足で大量減点が見込まれ、かつ勉強したはずの論点をスルーして、これまた減点が見込まれます。
ちなみに問題はとても良かったと思います。実力が素直に点数に反映しそう。ぬるいという評価もあったワセミの記述式は改善していそうです。

しかし自信を持って解答した問(軸とした肢)が外れたのも(当然のことながら)久しぶりでした。民法は判例を改めて読み返さなきゃいけないです。というか民法が連続で*問も外れるのは昨年のステップコース以来のことですorz

他のブログをいくつか見ましたが、会社法の成績はあまり良くないようです。午前問の成績はあまり伸びてないみたいですね。

気になった問題は午前問の第8問。誤っていそうなものは2と3で確率を半分にしてからが大変でした。私が「出来る」と思っている受験生も結構外しているようです。もちろん私も外しました(^^;
正解肢の2はどこかで既に勉強していても良いような知識と思うのですが、判例六法を見ても見つからないんですよね。この問題の正答率がとても気になっています。
個人的にショックな外し方をしたのも民法で第22問のオの正誤判断。他方配偶者の同意無しに養子に出来るケースを理解していないことが分かってしまう間違いでした。正解肢も正しいと判断したうえで悩んではいるのですが、確実な知識があれば問題なく取れたはずです。

大事にしたい模試でこんなに間違ってしまったので、あとは復習するのみ。分かっていないことの確認が出来た分だけ幸せだと思います。あと90日を後悔の無い様に過ごさないといけないですよね。

[PR]講座・書籍のお申込は5%ポイント還元の【LEC On-line】


>> 人気blogランキングへ
2007/04/01 23:22| 司法書士試験的徒然
コメント
W1模試の結果へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://shihousyoshi.blog34.fc2.com/tb.php/332-18c08274
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
W1模試の結果へのトラックバック
エイプリルフールですので、上記タイトルは嘘になります。昨日3/31はWセミナーの全国模試第1回を受けてきました。自己採点は午前択一29/35午後択一28/35不登記述25?/26商登記述21?/26といったところです。商登記述は、ひょっとすると,もう少し下がるかもしれませんが(KAWA
2007/04/03(火) 14:10:05 | Legend of MIMITEI
司法書士試験ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。