司法書士試験合格を目指すブログ

司法書士試験受験のための予備校が無い街から、司法書士試験合格を目指す受験生のブログです。 司法書士試験の情報をネットで収集し、共有できればと思っています。
司法書士試験の情報を検索
 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--| スポンサー広告
 変態設立事項がある場合の添付書類

自分のための備忘録として作りましたが、商業登記法47条2項3号イの解釈で憶えます。(追記の記事は以前のままで修正無しです)

試行錯誤 現物出資の添付書面
司法書士受験生 耳呈の日記 変態設立事項がある場合の添付書類(調査報告書)

うちのブログでもこの論点を記事にしていたみたいです。

疑問点は、検査役の調査報告書が添付されるときにも設立時取締役(等)の調査報告書が添付されるかです。旧法では間違いなく両者を添付していましたが、新法になって変更されているのかが問題点。この点、両者を添付することになると私は思っていたのですが、色々調べて見ると両者添付を根拠付けるものが無いことに気付きました。

某予備校の問題では片方添付で良いとされたみたいですがまだ疑問が残っているので忘れないように記録しておきます。

[PR]講座・書籍のお申込は5%ポイント還元の【LEC On-line】


>> 人気blogランキングへ
2007/06/12 20:56| 商業登記法
コメント
変態設立事項がある場合の添付書類へのコメント
追記しました
辰巳法律研究所から回答メールが来たので、コメント欄に追記しました。
片方でよいという回答をしていますので、この論点を再考する必要がありそうです。
2007/05/12(土) 10:01:13 | URL | 耳呈 #.Ld25WNY[ 編集]
ご報告ありがとうございます。ブログ読ませていただきました。

Tの見解で間違いないと思いますが、あとは受講生が多いLかWの模試で出題されると完璧ですね。

そう言えば、最近LやWの過去の模試を解いているんですが、今の常識だと正誤逆転していそうな問題がいくつかありました。
今年の本試験でも解釈の仕方で見解が分かれないように「定款の定めは無い」とする注意文が付きそうな気がしています。
2007/05/12(土) 18:57:33 | URL | ふみ #-[ 編集]
いろいろ考えても
その注意書きがないと問題作成が非常にやりにくくなるので、はずせないと思います。
2007/05/12(土) 23:26:26 | URL | 耳呈 #.Ld25WNY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://shihousyoshi.blog34.fc2.com/tb.php/350-c840d869
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
変態設立事項がある場合の添付書類へのトラックバック
司法書士試験ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。