司法書士試験合格を目指すブログ

司法書士試験受験のための予備校が無い街から、司法書士試験合格を目指す受験生のブログです。 司法書士試験の情報をネットで収集し、共有できればと思っています。
司法書士試験の情報を検索
 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--| スポンサー広告
 基準点の予想

私の現在の関心事は基準点がどうなるのか?そして午後第22問がどうなるのか?これだけです。

午後第22問に関しては予備校の解答が「2」に集まってる感じがします。そうなるとワセミ単独(?)の「3」が正解になることはかなり望み薄のようです。
でもまだワセミを信じることにします(予備校を盲目的に信じても救われることは絶対にないわけですが・・・(汗))。

基準点については、午前問は答練を受けていた層と受けていなかった層で難易度についての実感が二極化していそうな感じがします。過去問を中心に独学をしている立場からみると「民法は難しかったんじゃないの?」という実感がある一方で、答練で(ここ2~3年の間に)よく出題された論点の検討が十分出来ていれば「対応可能な問題ばかりだったよ。」ということになりそうです。
自分の試験直後の直感は「難易度はさほど変わっていない」と思っているので基準点も動かないことを期待しています。

午後問は民訴等のマイナーと不登法は取りやすい問題が多かったのは事実だと思います(商登法は自分が壊滅してしまったので判断が出来ません)。午後の基準点が上がる要素はたくさんありそうです。ただ基準点が昨年の25から2問プラスされるには相当エネルギーが必要そうにも思えたりもします。
というのは昨年の午後の択一の基準点の順位を見ると2637位までが通過していたようです。過去には3300位でも通過できた年があることを考えると、簡単に27までハードルがあがるということにはまだ半信半疑です。もし午後が27になると平成17年度のときのようにこの試験がまた別な怖い世界を感じることができそうな気がしています。

というわけで、何のしがらみも責任も無い受験生の当てずっぽうな予想ですが午前27午後26くらい(±1)なのかな~と思っています。

なんとなく午後の基準点(と第22問の答え)が気になって全てが手につかないので自分の気持ちと考えを整理するために書いてみましたが、この記事は自分の精神安定剤以上のものではありませんのでご了承下さいm(_ _)m
自分がこんな記事を書いておいてなんですが、LECの成績集計が終わるまでの基準点予想は勘の要素が入ってるので聞き流した方が健康的な気がします。

[PR]講座・書籍のお申込は5%ポイント還元の【LEC On-line】


>> 人気blogランキングへ

追伸 しかし午後の基準点のせいで夜が眠れない事態になるとは思っていませんでした。午後の基準点が25なら落ちても諦めがつくのですが……(溜息)

追伸2 昨年の某所での予想よりは自分の運命がかかっているので、強く願望が含まれていそうです。やはり冷静な判断は出来ていないような気がします。基準点について一言物申したい方のコメント歓迎します。

コメント
基準点の予想へのコメント
こんばんは
こんばんはm(__)m 僕も、午前の基準点のおかげで、日々悶々と過ごしてます。なかなかリラックスできません。去年は午後が23と話にならなかったので、ドキドキできてるだけ幸せなことなのでしょうが…
そんな僕の(希望的)基準点予想は、同じく27・26くらいです。午後は記述式がありますしね 27とかになったりするのかなぁ、という感じです 商登法択一は、結構難しくなかったですか?35問目とか特に。民訴は、過去問やってれば3問目4問目あたりは楽勝でしょうけど、やってなければどうなのかなという感じですし。司法書士法も懲戒でしたから、どうだろうという気はします。しかしながら、22問のような問題に振り回されるのは少々複雑ですよね(苦笑)
それにしても、3か月は長すぎますね…
2007/07/06(金) 01:20:39 | URL | winner #qbIq4rIg[ 編集]
私もドキドキできる分は幸せですね。昨年は試験直後に合格を諦めていたので(^^;

午後の商登法の難易度は本当に良く分からないんですよね。自分が壊滅させたこともあるんですが、よくここまで当たらなかったな~と逆に感心する始末です(溜息)
もし昨年よりも平均点で1問分商登法が難しければ基準点が25になることもあるのかな~とか実は期待していますw

3ヶ月は本当に長いですよね。択一の基準点は7月中に公表してくれると次のステップにうつれるんですけどね。
でもLECの集計で大体の検討はつくはずなので、胃が痛い思いをしながら待っていようと思っています。
2007/07/06(金) 04:15:22 | URL | ふみ #-[ 編集]
それいいですね!
<択一の基準点は7月中に公表

今まで思いつかなかった。
結構な数の国民(受験生)の貴重な時間がかかってるんだから、そのくらいしてもいいですよね

あと、合格発表後の流れとか、今の時期何をやった方がいいかとか、書士会から情報発信してほしいと思います。
2007/07/06(金) 13:24:22 | URL | りえ #-[ 編集]
商登法はどうだったのでしょうね。午後科目全体の中では、おそらく正答率は一番低いような・・・?僕は、本店・支店の問題と合同会社の35問を落としました。本店・支店がらみは、少々苦手とする部分だったのと、35問は解いててわかりにくかったです。午前の会社法もですが、組織再編の部分と持分会社をきちんと正解できるかが、結構大きなポイントですよね。
2007/07/06(金) 13:26:56 | URL | winner #qbIq4rIg[ 編集]
こんにちは
いつも楽しく拝見させていただいております。初めて投稿します。さて、今年の基準点ですが、そんなに高くなるのかな~って気がしています。午後の商業登記法は本当に難しくてボロボロ(泣)。その状態で記述式に突入で再度ボロボロ(汗)。ちなみに、不動産登記法の問22ですけど、私も3にマークしました。全然確信が持てませんでした。確かに、各所の解答速報では肢2が正解説が有力なようですが、肢1を正解にしてるところもあります(東京法経学院)。
こんなに正解が分かれるとなると、肢2も肢3も正解なんてことになりませんかね・・・(甘いですか)。まあ、基準点を予測するのは困難ですけど、もう少し早く発表してもらいたいというのは同感ですね。
2007/07/06(金) 14:46:53 | URL | パオパオ #-[ 編集]
>りえさん
択一の基準点は記述の採点答案数を決定するためにあると思うので、ほんとはすぐに出せるはずなんですよね。
何をやったらいいのかについてはKAWAさんのブログで今後の日程についてのまとめ記事があったのでそちらを参考にするといいかもです^^

>winnerさん
確かに、持分会社と組織再編は会社法と商登法の出来を大きく左右しますよね。私も商登法の35問はアウトでした。出来ない問題と出来た問題の数が同じというふがい結果なのでどうしようもないですorz
難易度は商登法が明らかにトップだと思いますが、昨年の商登法の難易度もかなり高いんですよね。冷静にみると、私が期待している商登法の平均点が落ちるという可能性はあまり無いのかもしれないですorz

>パオパオさん
コメントありがとうございます。
>こんなに正解が分かれるとなると、肢2も肢3も正解なんてことになりませんかね・・・(甘いですか)。
私も期待する両方正解は個数問題なので厳しいですよね。
もし学説(あるいは取り扱い)の関係で答えが割れるということならあるのかもしれませんが、その場合は予備校が疑義があることを積極的にアピールしてくれないと試験委員が気付かずにスルーしてしまう気がしますし。
予備校も積極的に解を出そうという意思を感じられないのでこのまま2で落ち着いてしまうのじゃないかな~と気落ちしています。
地方在住のため解説会にはいけないので見解が割れている肢だけを検討することも出来ず、半殺しにされている感じです(苦笑)
2007/07/06(金) 15:09:09 | URL | ふみ #-[ 編集]
はじめまして
僕は、午後択一第22問は4にマークしたのでもはや問題外の領域です。第22問に関しては、個数問題であることと「外国人登録上の日本における通称名」という肢がこれまで1度も聞いたことがなかったこととの関係上、本試験中「こりゃ捨ててもいいんじゃないか」などと思ってしまいとっとと次の問題に取り掛かりましたが、これだけ議論が交わされてるところを見ると、捨て問と捕らえた僕の考えは甘かったようですね・・・。

本試験の直前3ヶ月はあんなに短かく感じたのに、これからの3ヶ月本当に長く感じますね・・・。
2007/07/06(金) 16:49:09 | URL | ピッポ #-[ 編集]
個人的に、商登法は去年より今年のが何て言いましょうか、難しいというかよく考えないと答えれないような肢が多かったように感じました。何か、問い方次第でいくらでも難しくできるぞ、みたいな意思を感じるというか・・・まあ、それはどの科目でもそうですけど、会社法関係は特にそれが顕著なような気がしました。今年に限っては、商登法は記述式のが判断しやすいように感じるくらいでした。

ちなみに、個人的には、本店・支店を出すなら、印鑑の提出とか個人商人を聞いて欲しかったです(苦笑)択一基準点は、僕も7月中には出して欲しいです・・・
2007/07/06(金) 16:55:46 | URL | winner #qbIq4rIg[ 編集]
>ピッポさん
勝手にレスしてすいません。はじめましてm(_ _)m 僕、ピッポさんとまったく同じ判断で「捨て問」と判断しましたよ。見た瞬間に、すぐはできない、と感じて一番後回しにして、他にやるべきことをやってから改めて取り組んでみたものの、外国がらみがある時点で、しかも個数ですし、さらに、変わった形式の問題なので「これはできなくて仕方なし」と判断しました。

本試験では珍しく、即決でしたね(笑)名変なんて、省略できる場面くらいしか深く確認してないですもん。予備校で判断が分かれるということは、受験生にとっては酷な問題だということだと思ってます。
2007/07/06(金) 17:02:12 | URL | winner #qbIq4rIg[ 編集]
>ピッポさん
コメントありがとうございますm(_ _)m
私も22問目は「捨て問」だと今でも思っていますよ。(Ⅱ)を見た時点で知らない知識を問われていると思ったので、出来るだけ悩まないようにして勘で答えました。

今、この問題に拘っているのは解答次第で合否に影響するんじゃないかな~という私の期待が大きいです。本来は大きく失点している商登法でこそ得点を稼ぐべきで、この問題に依存してしまっていることは試験対策上は大失敗だと自覚しています。

>winnerさん
>個人的には、本店・支店を出すなら、印鑑の提出とか個人商人を聞いて欲しかったです(苦笑)

私もその意見に賛成です(^^;

商登法の記述の方が判断が楽だったというのも同意です。ただ私の場合は商登法の判断にまだ時間があった(不登法より先に解いていた)という点も大きいのかな~と。

時間の使い方の問題も以前から言われていましたが、やはり最重要ですよね。考えて見ると不登法(択一)を解き終わった後に時計をみたら60分を過ぎていて「ヤバイ」と思ってしまったことが商登法の大量失点に繋がったのかもしれません。結果的には全部書いているので実力は尽くしたと思いますが、反省点は多々あります(溜息)
2007/07/06(金) 17:34:24 | URL | ふみ #-[ 編集]
>ふみさん
午後の時間配分って本当に大きいですよね。僕は、元々、商登法の記述を先に、しかも試験開始のかなり早い段階で取りかかる形で時間配分をしていたので、それも結果的にはよい方向にいきました。

それに、今回の場合、不登法の答案用紙を見たときに、申請日が3つ!?ということに激しく不安を感じて、「これは不登法は厄介かも?」と感じました(笑)

申請する登記自体は何でもないのですが、結果的にその直感は当たってたようで、思ってた以上に時間を取られてしまいました。そう考えると、22問を早い段階で「捨て問」扱いにして、すべての一番最後に回したのは、本当によかったです。本試験は本当に何が起こるかわからないですよね・・・
2007/07/06(金) 17:58:08 | URL | winner #qbIq4rIg[ 編集]
>winnerさん
ほんとにどんな事態になるかは想像できないです。予備校の模試では演習になりえない部分がどうしてもあります。いくらプレッシャーをかけても本試験には敵わないですから。

私は申請日が三つまでは読まずに解答欄の少なさで「書く量は少ない」とだけ判断しました。論点の判断ベースの問題になると一昨年の「仮処分による(一部)失効」が思い出されます。今思えば「論点がやっかいならみんな出来ない」と思えたのも商登法の筆記に拘れた理由かもです。

何となくですが、今後も本試験では書く量を維持するのでは無いかな~と思っています。事務量を増やした中でも正確な判断が出来る人間を増やしたいという意思を感じるのですがどうなんでしょうね(笑)

金銭消費貸借の利息の初日算入も過払い問題等で意識される論点になると思うので、結果的には補助者有利な問題が多かったような気もします。
2007/07/06(金) 18:10:29 | URL | ふみ #-[ 編集]
度々、お付き合いいただいてありがとうですm(_ _)m 僕は、模試は受けるのが今年が初めてだったので、模試でも記述の際には手が震えたりしましたが、本試験では比較になりませんでした(笑)

最初の判断については、商登法の答案用紙を見たときに、合併や分割など、組織再編関係じゃないな、と判断できたのも大きかったです。スタンダードな形だったので。ただ、代理できない事項欄が小さかったので、代理できない事項は一つかなあ、と思ったりはしました。

利息の初日算入は、恥ずかしながら知りませんでした・・・午前でもう少し取っておきたかったです。お互い、気の休まない日々が続くでしょうけど、また立ち寄らせてくださいm(_ _)m
2007/07/06(金) 18:59:04 | URL | winner #qbIq4rIg[ 編集]
>代理できない事項欄が小さかったので、代理できない事項は一つかなあ、と思ったりはしました。

これは昨年の解答欄を思い出せたおかげで「2個も十分ありうる」と思えました。経験のおかげで1個しか書けないと思い込まなかったのが良かったです。

お時間があるときは是非このブログにもお立ち寄り下さい。コメント感謝しておりますm(_ _)m
2007/07/06(金) 19:49:21 | URL | ふみ #-[ 編集]
自爆してしまった商登法を眺めてみようかなという気持ちになってきました。傷口を虐めるような感じなのでこそっとコメントで検討w

35 イとオの2択までは絞れた。オの資本金の額の変動は総社員の同意(定款変更と同じ)が必要だろうと考えてアウト。
イは判断できないと思うのでオから正解を読まないといけないと思いますが、会社法の条文からこの論点を当てるのは難しく(不可能?)、商登118条・93条から判断するのも無理。
普通は通達から勉強するしかないような感じがします。私に言わせれば超難問の部類になりそうだけど・・・
2007/07/06(金) 23:00:18 | URL | ふみ #-[ 編集]
34 ウは正しいと判断。アとイは試験当時は自信が無く、オも正しいと判断して3を選びアウト。
これはイの判断が易しいと思うので出来ないとマズイ。オは株式会社から持分会社への変更と、持分会社から株式会社への変更で結論が異なることを意識して憶えていれば易しい。
強く反省すべきですね。知識の甘さが明確です。
2007/07/06(金) 23:10:27 | URL | ふみ #-[ 編集]
33 全肢完答。
32 ウが正しく、イとオも判断可能でした。エとアの2択にして答えに自信が持てずに、アを選んでアウト。
冷静に読めばアが基本問題のはずなので難易度は低いはず。「就任承諾についての印鑑」や「設立の場合と変更の場合」、「就任承諾書の論点」を頭の中でごちゃごちゃ考えさせられて自滅した感じです(溜息)

せめてアを取締役会設置会社にしておいてくれれば当時でも判断できたかも。(無駄に×)上手に難易度を上げられてしまった感じがします。
2007/07/06(金) 23:40:31 | URL | ふみ #-[ 編集]
31 アとイとウが正しく、オを誤りと判断。イとウが正しいので3が答えだろうと考えて、アを疑う。定款で定めれば排除できるだろうと安易に考えてアを誤りにしてしまう。

実は、なんでイとウが正しくないのかはよく分かっていないんですw
イとウを問答無用で「正しい」と判断してしまったのは多分どこかの答練の肢で経験した論点を誤って憶えていることにあると思います。解説が届いてからじっくり勉強したい論点です。
ちなみに括弧書きはエを検討している頃には頭の中から消えていたはず。本試験だと「10分の1」だったか「5分の1」だったかを明確に思い出して答えを出すのも怖いですしね。
2007/07/06(金) 23:56:42 | URL | ふみ #-[ 編集]
商登法の残りの3問は正しい肢をピンポイントで判断して正解。
30はウ、29はエ、28はアとエの判断を回避、それ以外は誤りと判断できています。

個人的な感想として、「絶対に取るべき問題」は34、「取るべき問題」は32。
31と35は自分の勉強の仕方に問題がありいくら粘っても取れなかったような気がします。
ただ31はエが正しいことは判断しないといけないのでやはり「取るべき問題」ですよね。最低でももう1問の正解の追加はやはり必須でしょうね(他人事のように・・・)
2007/07/07(土) 00:05:28 | URL | ふみ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://shihousyoshi.blog34.fc2.com/tb.php/375-326900de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
基準点の予想へのトラックバック
司法書士試験ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。