司法書士試験合格を目指すブログ

司法書士試験受験のための予備校が無い街から、司法書士試験合格を目指す受験生のブログです。 司法書士試験の情報をネットで収集し、共有できればと思っています。
司法書士試験の情報を検索
 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--| スポンサー広告
 行政書士試験のこと

コメントを3件も頂いてありがとうございます。

だいたひかるさんではないのですが、気分が乗ってきたので「行政書士試験の並行受験」というか自分の感触について書いてみようと思います。相変わらず自分本位な文章ですが・・・

行政書士試験の試験科目は「憲法、行政法、民法、商法及び基礎法学」の法令科目と一般知識(政治・経済・社会、情報通信・個人情報保護、文章理解)になります。
憲法、民法、商法は完全に司法書士試験と科目がかぶっています。また基礎法学は民訴等の司法書士試験のマイナー系科目とかぶることがあり、こちらも対応は比較的楽です。
行政法に関しては当然一から勉強しなくてはなりませんが、市販されている1冊の教科書(基本書)で合格ラインまでの対応は可能だと思います。
一般知識はやりだすと際限がない分野なので教科書1冊分だけ流し読み・・・

.

行政書士試験受験1年目の私の法令科目の感想なのですが、憲法については司法書士試験とは少し癖が違うような気がしました。完全な国語の問題が出されたことと、試験問題が組み合わせでなく5問の中から正誤を選ぶ問題が多いので正解肢がわからない時はあっさり即死したりします。
民法の難易度はそれほど変わらないと思います。難問は無いと思うのでしっかりやっていればすべて取れるはず。
会社法(商法)も司法書士試験で勉強していれば大崩れする問題ではなかったと思います。個人的には問36を落とした(落とされた)ことに釈然としないものを感じていますが・・・

行政法を飛ばして一般知識ですが、これはパソコン関連の雑学が豊富だと点数が伸びそうな感じでした。文章理解で3問完全に抑えておいて、どこかで3問取ることになると思いますが、一通り教科書を流し読みしたら、自分が勉強すれば取れそうな分野だけをやるしかないのかな~と思いました。出題可能性の高い「個人情報保護」や「情報通信のセキュリティー関連」がお勧めではあります。

行政法に関しては「5割キープできれば残りは捨てて良い」と考えることができれば、細かいことは気にしないことにして過去問中心に教科書で勉強しておけば十分のはずだと思います、多分。

.

司法書士試験と行政書士試験の並行受験については、司法書士試験受験生が「受かったら良いな~」程度で考えることができるのならば、司法書士試験終了後に「司法書士試験の試験科目を忘れない程度に維持しつつ、3ヶ月で行政法と一般知識を何とかする」ことにしておいても、合格は可能じゃないかな~というのが私の感想です。
記述式で終わっている私が言うのもなんですが、司法書士試験の午前問をクリアーできれば、法令科目で足切りされる恐怖はあまり感じないと思います。
少なくとも平成17年度型の行政書士試験よりは今の試験の方が司法書士試験受験生からみて対応しやすくなっていると思うので、司法書士試験の後に登記の勉強をする気力が起きない方には気分転換の行政法(と息抜きしながらの一般知識)の勉強は間違いなくお勧めです。

[PR]LECの書籍が最大10%OFF!5%ポイント還元!


>> 人気blogランキングへ
2008/11/22 16:02| 行政書士試験
コメント
行政書士試験のことへのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://shihousyoshi.blog34.fc2.com/tb.php/393-ba960e73
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
行政書士試験のことへのトラックバック
司法書士試験ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。