司法書士試験合格を目指すブログ

司法書士試験受験のための予備校が無い街から、司法書士試験合格を目指す受験生のブログです。 司法書士試験の情報をネットで収集し、共有できればと思っています。
司法書士試験の情報を検索
 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--| スポンサー広告
 新会社法(設立2)
次の記述中、誤っているものはどれか。

1 株式会社成立のときにおける現物出資財産等の価額が当該現物出資財産等について定款に記載され、または記録された価額に著しく不足したときは、発起人、設立時取締役及び設立時監査役は、当該株式会社に対し、連帯して、当該不足額を支払う義務を負う。

2 発起人、設立時取締役または設立時監査役は、株式会社の設立についてその任務を怠ったときは、当該株式会社に対し、これによって生じた損害を賠償する責任を負う。

3 発起人は、創立総会の招集の決定に際し、設立時株主(創立総会において決議をすることができる事項の全部につき議決権を行使できない設立時株主を除く。)の数が1000人以上である場合には、書面によって議決権を行使できることを定めなければならない。
1 × 設立時監査役は含まない 52条
2 〇 53条
3 〇 67条

現在86条まで終了。まだまだ先は長いです。
2005/11/10 00:00| 新会社法
コメント
新会社法(設立2)へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://shihousyoshi.blog34.fc2.com/tb.php/42-1c477311
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
新会社法(設立2)へのトラックバック
司法書士試験ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。