司法書士試験合格を目指すブログ

司法書士試験受験のための予備校が無い街から、司法書士試験合格を目指す受験生のブログです。 司法書士試験の情報をネットで収集し、共有できればと思っています。
司法書士試験の情報を検索
 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--| スポンサー広告
 新・会社法100問
司法試験及び公認会計士試験の過去問を新会社法に則して解答した場合の解答例集。司法試験受験者の間では評価が高いらしいです。


でも司法書士試験でこの参考書をどう活かせば良いのかと考えると悩みます。

特定の論点を比較して覚えたいというときには(例えば発起設立と募集設立の違い)ちょうど良い設問があるので、そのまま使えるとも思うのですが、設問が司法書士試験の勉強にとって全てが適切なのかは分からないです。
それと制度を比較して憶えるにしても、やがて予備校が「比較表」若しくは「一覧表」を作ってくれると思うので、そちらを利用した方が時間的ロスは少なそうです。あくまでこの参考書は司法試験等の解答例集なので、全てが論文形式で表現されています。
もちろん「表を自分で作る勉強」の仕方(かけた手間が記憶を定着させるはず)もありますが。

なお条文ごとに疑問点が見つかったときには、条文索引が充実しているので逆引きして論点を探すことが出来るというメリットはあります。その場合でも、論文の中から必要な部分を自分でピックアップする作業は必要となります。



とここまでは択一を前提とした話ですが、商業登記法の書式から考えると長文の(具体的事実を元に質問される形式の)設問の中に、「登記することができない事項」に関するヒントがいくつか隠れていないかな~と少し期待しています。
もっともこの点を判断するには私には知識不足ですし、この参考書を全部読んで検証するには相当時間がかかりそうです。

新・会社法にだけ時間をかけられないことを考えれば、「一問一答」の簡潔過ぎる記載の方が個人的には使いやすいと思います。



使い方に悩むくらいだったら、使わないと割り切ってしまうのもアリですよね。私には刀身が長すぎる刀のようです。本試験前までに使えるようになったら良いなとは思いますが・・・
司法書士試験受験者必読とまでは言えないと思います(この本が無くても受かれると信じたいだけかもです(笑))。



追記 私的司法書士試験研究所の方で使い方のアドバイスが掲載されています。こちらをご参考に(笑)

http://blogs.yahoo.co.jp/chirolistevolution/19934184.html
2005/12/20 00:25| 参考書のレビュー
コメント
新・会社法100問へのコメント
こんばんは☆
多分,管理部長さんと同じことを思っている受験生の方が多いと思うので,僕なりに遣い方を考えてみました。研究所の記事をご覧下さい。
2005/12/20(火) 01:35:14 | URL | 姫野 #-[ 編集]
ふみさん。
コメントならびにリンクありがとうございます。

くだんの「新・会社法100問」ですが、買いだと思います。自分も1版の時に買ってしばらく使ってなかったのですが、調べ物をする際にとても重宝しました。学者本では曖昧なところもこの本だと解決できました。
2005/12/22(木) 00:49:10 | URL | とびまる #-[ 編集]
コメントありがとうございます。
確かに司法試験の論文解答例なので、学者本のように言葉を濁したりはしていないですよね。

私の記事では「買いでは無い」が結論ですが、逆のご意見がとても嬉しいです。
一応、メインコンテンツの一つが「参考書のレビュー」なのでたくさんのコメントがついて参考になる意見が増えると良いなぁ~と考えています。

こんな他力本願なブログですが今後とも宜しくお願いいたします。
2005/12/22(木) 01:03:24 | URL | ふみ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://shihousyoshi.blog34.fc2.com/tb.php/87-322e511a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
新・会社法100問へのトラックバック
司法書士試験ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。