司法書士試験合格を目指すブログ

司法書士試験受験のための予備校が無い街から、司法書士試験合格を目指す受験生のブログです。 司法書士試験の情報をネットで収集し、共有できればと思っています。
司法書士試験の情報を検索
 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--| スポンサー広告
 記述式過去問集1 不動産登記法


タイトル通り記述式の過去問集。昭和57年以降の問題が収録されている。

最新のものは会社法に基づいて解説されているそうです。
具体的には「利益相反取引について」、「共同代表について」等が修正されたらしいです。(具体的には本書参照で(^^;)

過去問集はどの会社のものでも良いと思います。ただ問題数が多い方が良いとは思っています。やらないにしても多い分だけ問題を選ぶことができるので。

個人的には、本試験の問題形式に慣れていなかったせいで今年の書式で大きく失敗してしまったという感想があるので、早め(?)に過去問も解いておくために購入しました・・・が、所長から以下のアドバイスを受けました(^^;

記述式対策ですが,本試験形式というものはありません。違うのです。ある一定の形式に慣れることが本試験の問題を難しくする原因なのです。

形式には固執しないこと。どんな形式でも,理解・暗記している知識を正確に当てはめること。これが,何より重要なことです。


このアドバイスを読んでも過去問は多分やった方が良いのだと思っています。「本試験形式」というものが無く、「毎年違った形式」で出題されるとしても、過去問を解くことによって「たくさんの形式」の書式問題に対応することが出来ると思うので…
過去問を解くことで、聞かれていることに正確に無駄なく答えられるかを確認しておきたいと思っています。


今年の本試験の直前期は「択一で運良く(間違って)足切りを回避したとしても書式の勉強をしていなければ合格できない」と考えて書式ブリッジを解いていました。結果的には択一の足切りに引っかかりましたが…

本試験で足切りをクリアーする事自体が難しい試験なので、「足切り点+4問をクリアーしたら必ず合格してやる」位の意気込みで書式の勉強をしておきたいと思っています。
2005/12/26 03:23| 参考書のレビュー
コメント
記述式過去問集1 不動産登記法へのコメント
うーん、なるほどです。私も過去問はやるつもりです。やらないと不安…。本試験で余計な緊張をしないためにも。
姫野先生の「ある一定の形式に慣れることが本試験の問題を難しくする原因なのです」は納得です。ずっとLの答練ばかりしていたら、書式ブリッジをしたとき、かなり戸惑ってしまいました。聞かれている問題の中身は同じなのに(><:)
2005/12/29(木) 23:10:34 | URL | まっつ #-[ 編集]
いつも聞かれている形式で無いと何となく怖いんですよね、解答していて。どこかにミスがありそうな気分になります。

基本的にマニュアル型の人間なので、たくさんの形式を経験しておくのが私の対策です。数を打てば一つくらい当たると期待して(笑)
2005/12/30(金) 00:23:58 | URL | ふみ #-[ 編集]
書式の過去問って繰り返し解いてます?
択一なら当然何度も解きますよね。

実は、私はこれまで書式の過去問をろくに見ずに本試験受けてきました。

1問に時間がかかる割りに、縦書き時代の登記簿だったり、何度も商法改正が入る前の問題に意味があるのか?なんてことが頭をよぎると、どうも集中して解けず、やっつけになってしまうからです。「本試験は答練より簡単」という言葉を信じて、ということもあります。

今年はそれでも、1回はやろうと思っていますが、既に、「見直す気にならず、すぐ答えを見る」「間違った箇所を確認するだけで、ろくに復習しない」という事態になってます。

普通は書式も繰り返し解くものなのかなぁ?
2006/07/13(木) 09:38:39 | URL | りえ #s6Dtjf4U[ 編集]
不登法は私も一度だけ通して解いて、終了してしまいました。
不登法は昔のものと今のものでは難易度がかなり違いますよね。「量」で難易度を上げる年と「質」で難易度を上げる年の両方ともありますが・・・
ただ繰り返して解くならなんとなくブリッジをやった方が効率が良いような気もします。

商登法の過去問は完全に手付かず(購入していない)でした。
甘く見ていたというのもありますが、答練と模試で問題数が確保できていると思ったからです。結果的にはやるべきだったのかな~と思っています。今年は購入する予定です。

最近思うことは不登法は何度も書かないと正式な言い回しを忘れてしまうことがありますが(例えば、原因は遺留分減殺と遺留分減殺請求のどっちだったかとか)、商登法の方は比較的そういう忘れ方はしないような気がします。答練で定期的に書いていたこともあるとは思いますが・・・
商登法はおそらく申請例よりも登記すべきで無い事項の方を中心に憶えることが重要なんだと思いますが、勉強法は今後検討しないとダメですね。
2006/07/13(木) 23:20:36 | URL | ふみ #-[ 編集]
お返事ありがとう♪
今年、Wの答錬最終回の講義で、
過去の論点でしばらく出てないものをちゃんと見ておいてください
混同がそろそろ危ない、
って繰り返しおっしゃってたんですよね~~
復習が遅れに遅れてて、本試験の数日前にその講義を聴いたというのに、混同抹消気づかなかった・・・
これに懲りて、不登法書式だけはほぼ毎日書いてます。書いても書いても、しょうもないミスが減りませんが。
うっかりフルタイムで就職もしてしまったので、前途多難です。
2006/07/17(月) 15:31:17 | URL | りえ #s6Dtjf4U[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://shihousyoshi.blog34.fc2.com/tb.php/92-d386c2d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
記述式過去問集1 不動産登記法へのトラックバック
司法書士試験ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。